毛細血管の圧迫がAGAの原因かもしれません

毛細血管の圧迫は、AGAの原因の一つにもなります。AGA発症の原因のひとつはストレスであり、その過剰なストレスによって筋肉の収縮が起こり、毛細血管の圧迫となり、血液の循環は悪くなります。毛細血管の圧迫がおきてしまうと、頭皮には髪の毛が育つための栄養が届きませんから、AGAの原因としても深刻なものになってきます。日常生活を送る中でもストレスは抱えやすいものですが、ビジネスの中で生きる男性にとっては、AGAの原因となるストレスとは、常に隣り合わせの状態でもあります。責任感が強くて仕事の鬼のような人程、内側への過剰なストレスを抱え込みやすい傾向にあります。

仕事はもちろん重要なことですが、AGAの原因となるストレスは、こまめに発散をしておくことも、頭皮の管理のうちの一つです。ビジネスでの管理ができる優秀な男性陣ですから、AGAの改善も自己管理のもと、見事にクリアをしていけるはずです。AGAはあらゆる要素を含み発症しますが、それらは病院に頼り切るだけではなく、生活を改善することでもかなり良い効果を発揮することになります。AGAはその人の生活や精神的なこと、様々な要素の集大成でもあります。無駄な毛髪の悩みをAGAという形で抱え込まないで、努力で手放して毛髪の悩みから解放されましょう。

AGAをより促進させてしまう原因のひとつが、毛細血管の圧迫です。毛細血管の圧迫はストレスによって、頭皮の筋肉がいつも緊張した状態になりますから、頭皮の毛細血管が萎縮します。そうなれば血液が行き渡らないまま、発毛や育毛は阻害されます。栄養が順調に運ばれてくるはずの毛母細胞にも、必要となる栄養が届けられないままになります。毛母細胞自体は栄養が足りなくなって、次第に弱くなりますし、薄毛は更に促進します。

AGAになったらホルモンや遺伝のみではなく、ほかの要因もかかわっていないかを、確かめてみる必要があります。毛根の栄養というのは非常に重要なものであり、その子をスルーして髪の毛を成長させることは不可能です。強く感じるストレスは、自然と自律神経を緊張させますので、血管を収縮させる事になります。頭皮では血行不良がおきてしまい、毛根の栄養分はどんどん不足していき、抜け毛がますます増加して、ストレス性AGAとなります。

現在の社会はストレス社会の真っ只中であるために、ストレスを避けての日常生活は困難なものです。ストレスで引き起こす頭皮の血行不良を緩和することによって、髪の毛根の栄養が不足するということを避けることはできます。自分に楽しみを与えて、ストレスはその日のうちに、できるだけ小さいうちにリセットすることを心がけましょう。1日の終わりにはバスタブに浸かり、疲れを癒すのもいい方法です。スポーツで汗を流すのも、案外良いストレス解消になります。

ストレスを感じたら、そのあとに意識的にメンタルを、リラックスできるように、リラックスタイムを設けて見るのもいいでしょう。深呼吸をして、軽くストレッチをするのは、思いのほか良い方法です。すぐにできる行動であれば、思い切り背伸びをするだけでも違います。動作をゆっくりと行って、深い深呼吸で整えましょう。体をほぐすことは、同時に心のストレスまでほぐして、発散をさせることになります。

バスタイムで全身を温めて、ヘッドマッサージをして血流を良くするのもいいでしょう。頭皮の血行も良くなって栄養も行き渡るようになりますし、全身の血行も良くなるので体調まで良くなります。それにお風呂に入ることで、それだけでも、心身ともにほぐれて癒されることになります。夜は早めに布団に入って、毛髪のためにもぐっすりと眠りましょう。